ワキ脱毛でワキガになる

ワキ脱毛をするとワキガになってしまうという噂は本当か

ワキ脱毛をするとワキガになると噂されることがあるようですがそのような医学的な根拠はありません。ですからワキガの心配はなく脱毛をすることができます。

 

なぜワキガになるという噂が広まっているのかと言えば、理由の一つとして毛穴に汚れが溜まってしまうことがあるからです。

 

脱毛をすることによって、本来毛根や毛があった部分が空洞の状態になりますが、そうしたところに垢や皮脂が溜まってしまうことがあります。

 

そして酸化してしまうと独特の臭いが発生することがありますので、それをワキガと感じてしまうことがあるようです。

 

臭いが気になった時にはワキをチェックしてみて黒ずみがあったり白い角栓のようなものが出ないか確認してみると良いでしょう。

 

それが汚れであり臭いの原因になっていることがありますので、きちんとケアをすることによって臭いは軽減されるはずです。また脱毛をしてしばらく経つと毛穴も小さくなって汚れも溜まり難くなります。

 

ワキガになると言われるもう一つの理由がありますが、それは汗による緊張です。脱毛をした場合に汗をかくとダイレクトに流れてきますので、それによって汗の量が増えたように感じられることがあります。

 

汗が沢山出ると思い込むと余計に汗が出易くなりますし、そして緊張してしまうとベタベタの汗が出るようになってしまうのです。

 

運動をした時に出るサラサラの汗は無臭なのですが、緊張からくるベタベタの汗というのは臭いを含んでいます。

 

つまり汗が出ることで緊張し、嫌な臭いを含んでいる汗をかき易くなり、臭いのある汗が出ることでさらに緊張感が高まりまた汗をかくという負のスパイラルに陥っていることでワキガになったと勘違いしてしまうことがあるのです。

 

これは精神的なものですので、汗を気にしないようにコントロールすることで改善できることもあります。